シルバー人材センターとは

 調布市シルバー人材センターは、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき、国、東京都、調布市からの支援を受けて運営されている公益社団法人です。
 企業や家庭、公共団体などからさまざまな仕事を引き受けて、地域の経験豊かな高齢者の方々に仕事を提供する団体であり、働くことを通じて高齢者の生きがいと健康づくりをすすめ、活力ある地域社会づくりに貢献しています。
 現在、都内では58区市町村に設置され、約8万2千人の会員が各区市町村で元気に活躍しています。

シルバー人材センターの基本理念

会員による自主的・主体的な運営

シルバー人材センターは、会員による自主的・主体的な運営を理念としています。

共働・共助のもとで働く

会員のひとり一人が豊かな経験と知識をいかし、お互い協力し合いながら、仕事を開拓し、働くことを理念としています。

シルバー人材センターの仕組み

【請負・委任】

シルバー人材センターの仕組み

ご依頼の仕事は、シルバー人材センターが責任を持って請け負います。
シルバー人材センターは、登録されている会員に仕事を提供します。
シルバー人材センターは、会員には、仕事の実績に応じて報酬を「配分金」として支払います。
お客様(発注者)との契約は、請負契約等となります。雇用契約ではありませんので、仕事の遂行過程において就業会員に直接指揮・命令をすることはできません。仕事内容の変更・追加等をされる場合は、あらためて契約を結ぶこととなりますので、就業会員には依頼せずに、事前にシルバー人材センターにご連絡ください。
【派遣】

派遣事業

派遣元事業主は、公益財団法人東京しごと財団(東京都シルバー人材センター連合)です。
派遣事業所は、公益社団法人調布市シルバー人材センターです。
詳細はこちらへ。
PAGETOP